防火ガラスのガラス修理交換は窓猿へ

電話番号:0120197643
受付時間:365日 朝7時~深夜1時まで

防火ガラス

一般のガラスは耐熱性能がありません。また高温の炎で熱せられると割れてしまい、ガラスの脱落によって炎の侵入を防ぐことができません。
しかし、防火ガラスは火災時に破損してもガラスの脱落を防止し、炎の侵入を抑える事のできるガラスです。

火災の広がりと窓の関係

火災が発生した時に最も恐ろしいことは火災が広がることです。
火災が広がる原因は酸素です。外から酸素が入ってくると炎の勢いが増して燃え広がっていきます。そこで、窓を閉める事で外から酸素が入ってくるのを防ぎ炎の勢いを抑えます。その間に避難や消火活動を行って最小限の被害に抑えます。
ちなみに、都市部では防火地域や準防火地域など指定された建物は防火設備を設けなければいけない法律もあります。
窓を閉めたから安心という訳でもありません。窓ガラスが一般的なガラスの場合、炎に熱せられて割れて脱落してしまい酸素の侵入を許してしまい炎の勢いが増してしまいます。万が一のことを考えて窓ガラスを防火ガラスに取り替えておくことをおすすめします。

網入り防火ガラス

磨ヒシワイヤ 磨クロスワイヤ 磨プロテックス
霞ヒシワイヤ 霞クロスワイヤ 霞プロテックス

網入り防火ガラスはガラスの中に入っているワイヤーがガラスが割れた際の脱落を防止するので炎の侵入を許しません。また、網入りガラスはレトロなお洒落ガラスとしても注目を浴びています。

網入りガラスは、ワイヤーが入っていますがワイヤーが細いため防犯ガラスにはなりません。また、他のガラスと比べて熱割れや錆割れが起こりやすいガラスですので自然と割れていることもあります。

また、近年では網なし防火ガラス(耐熱強化ガラス)も注目を浴びてきています。網なし防火ガラスは網目が無い分、網入り防火ガラスと比べて景色を楽しむことも可能になります。

電話番号:0120197643

ページトップ