エコガラスに取り替えて断熱や遮熱や結露防止

電話番号:0120197643
受付時間:365日 朝7時~深夜1時まで

エコガラス

エコガラスは断熱性と遮熱性に優れたガラスでLow-E複層ガラスです。
断熱性能が高いので冬でも暖かく結露防止効果もあります。また、遮熱性能も高いので夏の強い西日や日差しなどの日射熱や紫外線をカットします。
現在、新築住宅での採用率が58%と大変注目されています。

エコガラスについて

エコガラス (Low-E複層ガラス)とは

エコガラスとはLow-E複層ガラスのことです。
複層ガラスとは、スペーサーと呼ばれる金属部材で2枚のガラスの間に空間を作り、そこへ乾燥空気を封入したガラスです。複層ガラスは断熱性や遮熱性に優れていますので夏の暑さや冬の寒さを和らげます。また、遮熱・断熱効果により結露防止やUVカットの効果も持ち、冷暖房の効率も良くなるので節電・省エネにもなる優れたガラスです。
一枚ガラスと比べると、年間でブナの木25本分のCO2の削減効果になります。

エコガラスの効果

エコガラスにも種類があり、複層ガラスの中に金属膜を入れ、それが室内側のガラス側に設置するか、室外側のガラス側に設置するかによって、断熱タイプ(冬に強い)・遮熱タイプ(オールシーズンで快適)に分かれるエコガラスもあります。

断熱タイプのエコガラス

断熱タイプは、雪国の窓際でも足元の冷えを約90%と大きくカットするので寒い冬でも冷えを入れません。窓ガラスを全てエコガラスにガラス交換すると断熱効果で屋内の気温が上がるので暖房費用が大幅に減少します。断熱タイプのエコガラスと一枚ガラスとを比べた場合、年間23,000円もの差になります。さらに、断熱効果に優れているので結露防止効果もあり、結露防止によって窓ガラスの拭き掃除やカビやダニの発生も抑えられる優れたガラスです。

遮熱タイプのエコガラス

遮熱タイプは、夏の日差しを60%以上カットするので、外から帰って扉を開けた時のモワっとした空気を和らげてくれます。また、冷房の効率が良くなるので節電・省エネにもなります。遮熱性ほどではありませんが、断熱性もあるので窓際や足元の寒さも改善され、結露防止効果もあります。遮熱タイプのエコガラスと一枚ガラスを比べると冷暖房費は年間で24,000円もの差になります。熱だけでなく紫外線も80%カットするガラスなのでお肌はもちろん壁紙や家具などの傷みからも守る優れたガラスです。

結露防止機能

朝起きたら窓ガラスにびっしりと水滴がついていた経験はありませんか?
これは空気中の水蒸気が凝縮する現象で結露といいます。特に冬の朝や梅雨時に発生します。これを放っておくとどうなると以下のようなことが起こります。

  • ガラスや壁やカーテンにシミやカビが発生
  • ダニの繁殖
  • カビやダニの死骸でアレルギーや喘息などの原因に危険性
  • 結露の水分で柱を腐食させ住まいにダメージを与える

結露は小まめな換気を行うことで防ぐことができますが、喚起することで室内は冷えてしまいます。
そこで、断熱効果を持つガラスに取り替えておくことで冷気をカットし結露の発生を防止します。

省エネリフォーム促進税制

持ち家の内窓の設置やエコガラスへの取り替えなど窓の省エネ改修工事は平成29年12月31日までの間であれば省エネリフォーム促進税制が適用される可能性があります。
詳しくは、平成25年度税制改正について(PDF) - 経済産業省をご覧ください。

電話番号:0120197643

ページ上部